山陽新聞デジタル|さんデジ

おばけデザインのトートバッグ せなけいこ展に合わせ岡山で販売

「せなけいこ展」に合わせて作った倉敷帆布のトートバッグ
「せなけいこ展」に合わせて作った倉敷帆布のトートバッグ
 岡山県立美術館(岡山市北区天神町)で開催中の「せなけいこ展」(山陽新聞社など主催)に合わせ、同館と山陽新聞社は、岡山会場限定グッズとして倉敷帆布を使ったトートバッグを作った。せなさんの代表作「ねないこだれだ」のおばけをデザインし、館内の同展特設ショップなどで注文販売している。

 生成りの倉敷帆布を使い、サイズは縦56センチ、横29センチ。赤い口を見せて両手を曲げたおばけのイラストをプリントしている。同館の福冨幸学芸課長は「丈夫な倉敷帆布で作っているので、日常使いにも向いている。ぜひ展覧会の記念にしてほしい」としている。

 3410円。同展特設ショップと岡山会場の公式サイトで注文を受け付け、入荷次第、店頭で受け渡すか発送(送料別)する。問い合わせは山陽新聞社事業本部(086―803―8015)。

 せなけいこ展は「ねないこだれだ」など、せなさんが手掛けた絵本の原画や資料約300点を展示する。5月9日まで。19、26日休館。

岡山

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP