山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ 岡山県39人感染 新見、岡山でクラスター発生

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県内で9日、新たに39人の新型コロナウイルス感染が確認された。1日当たりの感染者数が30人を超えたのは1月20日以来、79日ぶり。新見、岡山市で県内55、56例目となるクラスター(感染者集団)が発生した。県内での感染確認は2868人。

 新見市では市内の会社で15人の陽性が判明し、感染確認は計17人に。岡山市内の事業所も従業員4人が陽性となり、感染者は計7人となった。また同市ではクラスターが確認されている市内大学の運動部に所属する学生1人の陽性が分かり、一連の感染者は計21人となった。

 クラスターの関係を除く感染判明者は岡山市11人、倉敷市3人、真庭市と和気町各2人、備前市1人で、いずれも軽症か無症状。このうち6人の感染経路が分かっていない。

 9日に記者会見した県保健福祉部の西嶋康浩部長は「県内の広い範囲で再び感染が広がり始めている。いま一度、個人や会社などで感染防止対策を確認してほしい」と呼び掛けた。

倉敷・総社

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP