山陽新聞デジタル|さんデジ

〈眠りは、神からの唯一の無償の…

 〈眠りは、神からの唯一の無償の授かり物である〉〈人は眠るために眠るのではなく、活動するために眠るのだ〉…。「世界ことわざ名言辞典」(角川書店)から引いた▼古来、睡眠に関わる箴言(しんげん)は幾つもある。眠りと人間の営みが深く関係している表れでもあろう▼眠りに関する興味深いデータを知った。働く人が布団やベッドにいる睡眠時間は、世界5カ国で日本が最も短いという。ガス機器製造のリンナイが昨年末、日本、米国、中国、フランス、フィンランドの20~60代の計千人に実施した調査だ▼仕事がある日の睡眠時間を聞いたところ、日本は8時間25分で最短だった。最長はフランスの10時間55分で、日本より2時間半も長かった。また、日本は休日には勤務日より1時間以上長く寝ており、その差は5カ国で最大だった▼起床した際の熟睡感でも「しっかり眠れた」との回答が最も少なかったのが日本だった。調査を監修した梶本修身医師によると、多くの日本人は慢性的な寝不足で疲れが蓄積している「睡眠負債」を抱えているという▼正しい睡眠を実践するには、太陽の光を浴びる、ブルーライトで体内時計が乱れるスマホやパソコンは就寝1時間前まで―などが大事とされる。「寝た間(ま)は仏」のことわざ通り、苦労や心配事もなく、まるで極楽にいるような眠りを目指したい。

コラム

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP