山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山市で黄砂観測 1年5カ月ぶり かすむ上空 ぼやける稜線

岡山市の半田山植物園から撮影した市街地。咲きそろった園内のサクラの向こうに黄砂でかすんだビル群が見える=29日午後2時10分
岡山市の半田山植物園から撮影した市街地。咲きそろった園内のサクラの向こうに黄砂でかすんだビル群が見える=29日午後2時10分
 岡山市で29日、今年初めて黄砂が観測された。岡山地方気象台の職員が午前11時ごろ、目視で確認した。同市への黄砂の飛来は2019年10月30日以来、1年5カ月ぶり。

 同気象台によると、岡山市では、通常は20キロある「視程」(見通しが利く距離)が一時、9キロ程度に低下。市中心部は上空がかすみ、ビルの輪郭や郊外の山々の稜線(りょうせん)がぼやけて見えた。

 黄砂はこの日、広島市や高松市、福岡市など西日本の広い範囲で観測され、30日には北日本にも広がる見込み。視程が5キロ未満になると交通への障害が強まるため、気象庁が注意を呼び掛けている。

気象・災害

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP