山陽新聞デジタル|さんデジ

「玉野まちぽす」ポスター化 優秀作13点をメルカに展示

ポスター部門一般の部グランプリに輝いた作品と藤原さん
ポスター部門一般の部グランプリに輝いた作品と藤原さん
メルカ1階サブコートに展示されている「玉野まちぽす」の優秀作品
メルカ1階サブコートに展示されている「玉野まちぽす」の優秀作品
 玉野市PRポスターコンテスト2020「玉野まちぽす」(市主催)の優秀作品13点がポスター化された。市の魅力を発信しようと、さまざまに趣向を凝らした作品ばかりで、4月3日まで宇野のショッピングセンター・メルカ1階サブコートに展示する。

 市の公式ポスターに採用されるポスター部門一般の部グランプリに輝いた藤原紀子さん(41)の作品は、王子が岳のベンチから瀬戸内海に浮かぶ島々を望む写真に「特等席あります」のキャッチコピーを添えた。家族で王子が岳のハイキングに挑戦した際、頂上付近で偶然見つけたベンチに息子2人が「ここ特等席じゃん」と話しながら座った瞬間を切り取ったという。

 28日にあった表彰式で「ポスターに必要な要素が全てそろっている。王子が岳を題材にした作品が多い中、分かりやすいキャッチコピーと目を引く写真が素晴らしかった」と評価された。

 東京でデザイナー関係の仕事をしていた経験があるという藤原さんは「子どもは一番いい席に座りたがる。都会で出合うことのない絶景が、玉野ではちょっと歩くだけで見られるという実感を伝えたかった」と話した。

 ほかに、ニコニコ岩やたまの温玉めし、深山公園の桜などを題材にしたポスターやポストカードが並ぶ。

 コンテストは市内外から計327点の応募があった。展示は4月4日から市立図書館・中央公民館ギャラリーに会場を移し、10日まで公開する予定。

玉野

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP