山陽新聞デジタル|さんデジ

雨水 県内全16観測地点で氷点下 新見 カワヅザクラに積雪

雪が積もったカワヅザクラ=18日午前8時52分、新見市唐松
雪が積もったカワヅザクラ=18日午前8時52分、新見市唐松
ぽつぽつと白い花が咲き始めた岡山市・後楽園の梅=18日午前9時22分
ぽつぽつと白い花が咲き始めた岡山市・後楽園の梅=18日午前9時22分
雪合戦を楽しむ児童たち=18日午前8時12分、真庭市久世、遷喬小
雪合戦を楽しむ児童たち=18日午前8時12分、真庭市久世、遷喬小
雪で白く染まった都市型公園・グリーンヒルズ津山=18日午前7時57分、津山市大田
雪で白く染まった都市型公園・グリーンヒルズ津山=18日午前7時57分、津山市大田
 18日は二十四節気の一つ「雨水」。雪が雨へと変わり、草木が芽吹き始めるころとされるが、岡山県内は上空の強い寒気と晴れて地表の熱が奪われる放射冷却により、県北では前夜から断続的に雪が降るなど寒い朝に。岡山市中心部で氷点下2・6度(平年1・7度)となったのをはじめ、全16観測地点で氷点下を記録した。

 各地の最低気温は、新見市千屋が氷点下6・3度(同氷点下3・9度)、真庭市久世が同4・5度(同氷点下1・2度)、津山市が同3・8度(同氷点下1・1度)、倉敷市が同2・7度(同0・6度)、笠岡市が同2・1度(同0・4度)―など。平年を2・2~6・1度下回った。

 真庭市街地では、民家の屋根や道路脇に2センチほどの雪が積もった。市立遷喬小(同市久世)では、授業が始まる前に児童たちが雪遊びをしていた。4年男子(10)は「もうすぐ春だからこれが最後の雪かなと思って、雪合戦を目いっぱい楽しみました」と話していた。

 寒さの中、後楽園(岡山市)の梅林では、あちらこちらで白い花が咲き、来園者が早春の訪れを感じていた。後楽園によると、20日ごろから見頃を迎えるという。

 岡山地方気象台は「19日以降、しばらくは高気圧に覆われて晴れる日が多くなる。気温は20日以降、平年よりかなり高く推移する見込み」と予報している。

昼デジ

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP