山陽新聞デジタル|さんデジ

「マジ卍」は岡山発祥!? ヤフーが流行語検索データ分析

 「マジ卍(まんじ)」の発祥地は岡山県、「ぴえん」は埼玉県か―。ヤフーが流行語の検索データを分析すると、こんな結果が出た。ヤフーの担当者は「知らない言葉を検索する行動は意味を知りたいから。早い時期に検索されていた地域で、その言葉が使われていた可能性が高い」と説明した。

 マジ卍は「とてもすごい」、ぴえんは「とても悲しい」の意味で、女子高生や若者を中心に2017年ごろから会員制交流サイト(SNS)などで流行した。ヤフーは、これらの言葉が検索された時期と、検索した人の性別、年代、場所を都道府県別に個人が特定されない状態で分析した。

 結果は「マジ卍」「マジ卍 意味」は16年9月に岡山県で最初に検索数が増え、岐阜県や大阪府に拡大。「ぴえん」は18年8月から埼玉県で検索され始めた。胸がきゅんとするという意味の「きゅんです」は20年5月に岐阜県が多かった。

 10代の若者は早い段階で検索していたが、20~60代は遅れて検索する人が多い傾向があった。若者の間で流行している言葉を中高年の人たちも知ろうとして調べていたとみられる。

地域話題

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP