山陽新聞デジタル|さんデジ

オダギリさん郷土への思い語る 監督作品上映も、津山映画祭開幕

舞台あいさつをするリモート出演のオダギリさんと河本さん
舞台あいさつをするリモート出演のオダギリさんと河本さん
 映像作品を通じて津山の歴史や文化の発信を目指す「津山国際環境映画祭」が30日、津山市山下の津山文化センターで開幕した。市出身の俳優・オダギリジョーさんがリモート出演し、監督作や津山への思いを語った。31日まで。

 約280人が来場。いずれもオダギリさんの監督作で、ベネチア国際映画祭で高評価を得た「ある船頭の話」、同市立東小で同級生だったお笑いコンビ「次長課長」の河本準一さんが主演の「さくらな人たち」を上映。オダギリさんは会場入りした河本さんとトークショーなどに臨んだ。

 美しい自然と時代に取り残される船頭を描いた「ある船頭の話」についてオダギリさんは、「便利さを求めすぎ、大切なことを忘れていないか、何が正しい生き方なのか、船頭と橋に置き換えて表現した」と説明。河本さんと思い出話も語り、「いまだに津山の景色や出来事を夢に見る。脳内に残っていて脚本を書くときに引き出すこともある」と郷土愛を披露した。

 二人と小学校の同級生という会社員男性(45)=同市=は「帰ってきてくれて感動。活躍する二人の中に津山で培っていたものがあってうれしい」と話した。

 人気ロックバンド「B’z」のボーカルで市出身の稲葉浩志さんも「心躍る企画。文化や風土を発信して」とのメッセージを寄せた。

 民間まちづくり団体・津山街デザイン創造研究所や津山青年会議所などの実行委が主催。2月14日に第2回が開かれ、オール津山ロケの短編映画上映などがある。

地域話題

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP