山陽新聞デジタル|さんデジ

昨季VのJT選手 本社で健闘誓う バレー女子岡山大会観戦呼び掛け

サイン入り色紙をプレゼントするJTの小幡真子主将(中央)ら=山陽新聞社
サイン入り色紙をプレゼントするJTの小幡真子主将(中央)ら=山陽新聞社
 28、29日にジップアリーナ岡山で行われるバレーボールV1女子岡山大会を前に、昨季のリーグ覇者JTの選手らが26日、岡山市北区柳町の山陽新聞社を訪れ、健闘を誓った。

 吉原知子監督、リベロ小幡真子主将、センター小川杏奈選手(就実高出)らが訪れた。岡山大会では28日にトヨタ車体、29日に東レと対戦する。吉原監督は「チームとしていまチャレンジしているプレーの精度を高めて戦っていく。ぜひ応援してほしい」と述べ、小幡主将らが応対した市川邦昭営業局長にサイン入り色紙やボールを手渡した。

 小川選手は「地元の岡山でプレーできることをうれしく思う。大事な2戦をチーム全員で戦いたい」と話し、東レには妹の愛里奈選手が所属していることに触れ、「絶対に負けたくない」と対抗意識を燃やした。

関連記事

主要

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP