山陽新聞デジタル|さんデジ

路面の下かられんが舗装を発見 津山・城西地区 大正期建設の翁橋

試掘場所に敷き詰められていたれんが(津山市提供)
試掘場所に敷き詰められていたれんが(津山市提供)
アスファルトの下から、大正期に舗装したとみられるれんがが発見された翁橋
アスファルトの下から、大正期に舗装したとみられるれんがが発見された翁橋
車道舗装用とみられるれんが。底になっていた部分に格子模様がある
車道舗装用とみられるれんが。底になっていた部分に格子模様がある
 津山市は25日、同市城西地区にある1926(大正15)年建設の翁(おきな)橋(国登録有形文化財)で、路面の下かられんが舗装が見つかったと発表した。21(大正10)年から35(昭和10)年の間に製造されていた車道舗装用の「舗道れんが」とみられ、専門家によると、当時のまま敷き詰められた状態で残っているのは極めて珍しく、貴重な遺構という。

 翁橋は、鉄筋コンクリート製で長さ10メートル、幅9・8メートル。城西地区を東西に走る出雲往来の橋で、同市の西今町と宮脇町を結ぶ。今年2月、補修前の調査で歩道の一部約1平方メートルを試掘し、アスファルトの下から約50個のれんがが発見された。

 1個の大きさは、長さ21センチ、幅8センチ、高さ9センチ、重さ3・4キロ。底面にワッフル状の格子模様が施されていた。一般的なものより硬く、約1キロ重いことなどから、市は舗道れんがの可能性が高いとする。

 翁橋の舗装を巡っては、中国民報(山陽新聞の前身)が、25(大正14)年10月15日付の翁橋に関する記事で「路面は(中略)新式の舗装煉瓦(れんぐわ)を敷く筈(はづ)で…」と記述している。

 れんがの歴史に詳しい北翔大(北海道江別市)の水野信太郎教授(建築学、生産技術史)は「舗道れんがなら、それ自体が大変珍しく、路面に敷かれて現存する例は他にない。極めて貴重で、まちの価値を高める発見」と話す。

 市は、製造元や敷き詰められている範囲などを確認し、補修や修繕を検討する。城西地区は近く、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定される見通しで、市歴史まちづくり推進室は「当時最先端の資材でデザインにこだわった舗装を採用した可能性がある。歴史を証明する資料として活用したい」としている。

地域話題

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP