山陽新聞デジタル|さんデジ

元最高裁判事の角田礼次郎氏死去 内閣法制局長官など歴任

 死去した角田礼次郎氏
 死去した角田礼次郎氏
 内閣法制局長官などを歴任した元最高裁判事の角田礼次郎(つのだ・れいじろう)氏が17日午前9時50分、老衰のため死去した。99歳。東京都出身。葬儀・告別式は既に近親者で行った。

 1943年に東京帝大法学部卒業後、内務事務官、内閣法制局長官などを経て83年、最高裁判事に就任、90年に退官した。

 最高裁判事に在任中、日教組が74年に実施したストを巡り、地方公務員法違反(争議のあおり)の罪に問われた元総評議長で元日教組委員長の故槙枝元文氏らの上告審で裁判長を務め、公務員スト禁止・処罰規定を合憲とし、槙枝氏らを有罪とした二審判決を支持する判決を言い渡した。

社会

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP