山陽新聞デジタル|さんデジ

新見市長選告示 現新三つどもえ 29日投開票

(左から届け出順に)池田一二三氏、仲田芳人氏、戎斉氏
(左から届け出順に)池田一二三氏、仲田芳人氏、戎斉氏
 任期満了に伴う新見市長選は22日告示され、現職で再選を目指す池田一二三氏(67)=同市哲西町矢田、新人で地域紙発行人の仲田芳人氏(66)=同市哲多町矢戸、新人で元副市長の戎斉氏(64)=同市豊永宇山=の無所属3人が立候補した。29日に投票、即日開票される。

 2005年3月に1市4町が合併して以降の市長選は4回とも一騎打ちで、三つどもえは初めて。旧市時代を含めても1994年以来26年ぶりとなる。

 新見市の10月末の人口は2万8507人。合併時から8500人以上減少し、少子化、高齢化も進む。持続可能な地域づくりや相次いだ災害からの復旧・復興策、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた地域経済の活性化策などが問われている。

 3候補は市内で出陣式を行い、第一声を上げた。池田氏は「子どもたちを地域の宝として育てたい」、仲田氏は「人口減少対策の正面に立たせてほしい」、戎氏は「生きがいを感じて生活できる市をつくる」などと訴えた。

 投票は29日午前7時~午後6時、市内44カ所で行われ、同8時から思誠小体育館(同市新見)で即日開票される。

 有権者数(21日現在)は2万4875人(男1万1777人、女1万3098人)。

選挙

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP