山陽新聞デジタル|さんデジ

宇野港90周年 STU48も祝福 劇場船で開港記念イベント

STU48のパフォーマンスなどが繰り広げられた宇野港開港90周年イベント
STU48のパフォーマンスなどが繰り広げられた宇野港開港90周年イベント
 玉野市・宇野港の開港90周年記念イベント(岡山県など主催)が21日、同港であり、関係者らが港のさらなる発展を誓った。瀬戸内地域を拠点に活動するアイドルグループ「STU48」によるステージパフォーマンスもあり、節目を祝った。

 入港した劇場船「STU48号」で記念式典が行われ、約50人が出席。港を管理する県の伊原木隆太知事が「これからもにぎわい創出を目指し、施策に取り組んでいきたい」とあいさつした。

 式後、STU48のメンバー6人が3曲を披露。新型コロナウイルス感染症予防として船への入場が制限されたため、多くの来場者は船外の大型モニターを通じて鑑賞した。商船三井客船の山口直彦社長は、クルーズ船の新型コロナ対策について講演した。

 宇野港は1909年に完成し、30年に県内で初めて外国との貿易拠点となる開港場に指定された。香川県の直島、小豆島を結ぶ定期航路の発着地や大型客船の寄港地、物流拠点などとして県民の生活や経済を支えている。

玉野

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP