山陽新聞デジタル|さんデジ

倉敷藤花戦第2局始まる 里見藤花と中井六段が攻防

初手を指す中井女流六段(右)と里見倉敷藤花
初手を指す中井女流六段(右)と里見倉敷藤花
 里見香奈倉敷藤花(28)=清麗、女流名人、女流王位=に中井広恵女流六段(51)が挑む女性将棋の公式タイトル戦「第28期大山名人杯倉敷藤花戦」(日本将棋連盟、倉敷市、同市文化振興財団、山陽新聞社主催)の3番勝負第2局が21日午前10時、同市中央、市芸文館藤花荘で始まった。持ち時間は各2時間。

 大阪市の関西将棋会館であった第1局(5日)では、里見倉敷藤花が先勝している。6期連続通算11度目の栄冠を目指す里見倉敷藤花に対し、中井六段は17期ぶりの復位を狙う。

 第2局は中井六段の先手で始まり、第1局と同じく中井六段が居飛車、里見倉敷藤花が中飛車を選択。早々に中井六段が銀を繰り出し、序盤から駒がぶつかる急戦に持ち込んだ。

 今期は新型コロナウイルスの感染防止対策として、恒例の公開対局を行わず、終日非公開で実施。午後からは同館ホールで菅井竜也八段(岡山市)による大盤解説があり、将棋ファンらが指し手の狙いなどの説明に聞き入りながら、緊張感漂う攻防を見守った。

くらし・文化

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP