山陽新聞デジタル|さんデジ

衆院選 原田氏が出馬正式表明 立憲民主新人、岡山1区に

原田謙介氏
原田謙介氏
 次期衆院選の岡山1区に、立憲民主党新人で参院議員秘書の原田謙介氏(34)=岡山市北区富町=が15日、同党公認で立候補する意向を正式に表明した。

 同市内で会見した原田氏は「消費税増税の一方で実質賃金は下がり続け、国民の負担が増している。時限的な消費税減税や家賃補助など負担軽減策を打ち出したい。若者の政治への関心を高める取り組みも積極的に行っていく」と述べた。

 原田氏は倉敷市出身、東京大法学部卒。卒業後に若者と政治をつなぐことをコンセプトとしたNPO法人を立ち上げ、代表を務めた。昨年7月の参院選岡山選挙区に立候補、落選した。

 岡山1区は、現職の高井崇志氏(51)=比例中国=が旧国民民主党との合流前に不祥事で除籍され、空白区となっていた。

 1区では前回、自民党の逢沢一郎氏(66)が当選。次期衆院選では共産党新人の余江雪央氏(43)も出馬を表明している。

選挙

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP