山陽新聞デジタル|さんデジ

アウン・サン将軍の日本刀修復へ 瀬戸内・刀剣の里 研師・横山さん

アウン・サン将軍の日本刀の状態を確認する横山さん。約1年かけて修復作業に当たる
アウン・サン将軍の日本刀の状態を確認する横山さん。約1年かけて修復作業に当たる
 ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相の父アウン・サン将軍が所有していた日本刀が瀬戸内市で修復されることになり、26日、同市長船町長船の「備前おさふね刀剣の里」で引き渡された。刀剣の里を拠点にする研師(とぎし)横山智庸(とものぶ)さん(48)=赤磐市=が研磨し、来年10月にも往時の輝きを取り戻す。

 スー・チー氏から修復の依頼を受けた日本財団(東京)によると、刀は刀匠の重要無形文化財保持者(人間国宝)高橋貞次氏(1902~68年)の作品で、刃長69・1センチ。もともとは第2次大戦中の41年に飯田祥二郎・陸軍中将が、ビルマ(現ミャンマー)方面軍第15軍司令官に就任するのを祝って当時の朝日新聞社長から贈られたという。その後、ミャンマー独立運動に挑むアウン・サン将軍を激励するため、中将が寄贈したのではないかとみている。

 現在は霜が降ったように全体が曇り、さびも目立つ。日本財団が今年2月に修復の依頼を受け、日本刀の“聖地”として知られる瀬戸内市に相談。横山さんが引き受けることになった。

 この日は日本財団の森祐次常務理事(67)が刀剣の里を訪れ、横山さんと武久顕也市長に「日本とミャンマーの関係を知ってもらうきっかけになれば」と修復を正式に依頼した。横山さんは刀の状態を確認し「祖父がミャンマーで戦死しており、不思議な縁を感じる。大変名誉で、刀を後世に残せるようしっかり研ぎ上げたい」と話した。

 修復作業は11月1日から刀剣の里でスタートする。鞘(ざや)や〓(はばき)(刀身を鞘に固定する金具)も刀剣の里を拠点に活動する職人が担当し、修復後はスー・チー氏の了解を得て公開する予定。

〓は金ヘンに示、右に組のツクリ

地域話題

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP