山陽新聞デジタル|さんデジ

ユズのリキュール発売 菊池酒造、自社の日本酒ベース

菊池酒造が発売した「燦然 ゆずのお酒」
菊池酒造が発売した「燦然 ゆずのお酒」
 菊池酒造(倉敷市玉島阿賀崎)は、日本酒をベースにしたリキュール「燦然(さんぜん) ゆずのお酒」を発売した。

 高知県産のユズ果汁と同社の日本酒をブレンド。ユズの爽やかな香りと酸味に、日本酒の甘みとこくを加えた。オンザロックや炭酸水で割って飲む。ワイングラスを使うと、一層香りが楽しめてお勧めという。

 ウメに続くリキュールの第2弾。果実を使った酒は、中国など外国の取引先からの引き合いが強いという。同社は「ユズの酒を足掛かりにして、日本酒も売り込んでいきたい」としている。

 720ミリリットル入りで1650円。アルコール度数は7%。岡山県内の酒販店や同社の通販サイトなどで扱っている。

地方経済

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP