山陽新聞デジタル|さんデジ

聴覚障害者の会話支援へ模索 マスクの弊害、技術で解決

 「しゃべり描きアプリBiz」の利用例
 「しゃべり描きアプリBiz」の利用例
 透明なマスクを着用する女性(インフォメーションギャップバスター提供)
 透明なマスクを着用する女性(インフォメーションギャップバスター提供)
 新型コロナウイルス感染症対策でマスクの着用が浸透し、口の動きや表情で会話内容を読み取る聴覚障害者には意思疎通の弊害となっている。三菱電機やNPO法人「インフォメーションギャップバスター」(横浜市)はITやアイデアで解決しようと、それぞれ模索を続けている。

 三菱電機と兼松コミュニケーションズ(東京)は、タブレット端末で音声認識して文字に変換、指でなぞって表示するアプリ「しゃべり描きアプリBiz」の無償提供を始めた。

 インフォメーションギャップバスターは、透明な材料を使ったマスクの手軽な作り方を公開。口元が透けるため、聴覚障害者が会話を読み取りやすくなる。

くらし・話題

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP