山陽新聞デジタル|さんデジ

朗読劇で障害者理解を 岡山のNPO、CFで制作費募る

第2弾となる朗読劇の台本作りを進める「チーム響き」のメンバー
第2弾となる朗読劇の台本作りを進める「チーム響き」のメンバー
門脇舞以さん(左)と中津真莉さん
門脇舞以さん(左)と中津真莉さん
 障害のある若者らの社会参加を支援するNPO法人「チーム響き」(岡山市中区原尾島)は25日、オリジナル朗読劇の第2弾「幸せの形(仮称)」の制作費をインターネットで募るクラウドファンディング(CF)を始めた。目標額は100万円で、10月26日まで受け付ける。

 熱中症で入院した主人公・優子は、病院の検査で白血病であることが判明。受け入れがたい現実に悩むが、もう1人の主人公で足に障害がある親友・幸子に支えられながら互いに成長していく―というストーリー。来年6月6日、オルガホール(同北区奉還町)で公演する予定。

 いずれもプロの声優である門脇舞以さんが優子を、中津真莉さんが幸子を演じるほか、後楽館高(同南方)の演劇部員や「響き」のメンバー約10人が出演。笑いを誘うようなシーンも随所に盛り込むという。

 チーム響きのメンバーで台本作りを進めており、練習は10月中旬にも開始。声優の2人はオンラインで稽古に加わる。

 響きの阿部磨呂理事長(22)は「多くの方が障害について理解し、考えるきっかけとなるような作品にしたい」と話している。

 中津さん演じる幸子を主人公にした第1弾「幸ある道」は8月23日に上演される予定だったが、新型コロナウイルス感染症の影響でビデオ収録に変更。DVDを1500円で販売している。

 CFは、山陽新聞社や中国銀行などが手掛ける「晴れ!フレ!岡山」を利用。支援額に応じて、声優2人のボイスメッセージやサイン、朗読劇の招待券などを贈る。

 支援、詳細は専用サイト(https://readyfor.jp/projects/teamhibiki)。

関連記事

主要

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP