山陽新聞デジタル|さんデジ

昼間工事で一部運休へ、JR西 10~12月 赤穂、津山線で

5月に赤穂線で行われた日中の工事
5月に赤穂線で行われた日中の工事
 JR西日本岡山支社は線路の工事を昼間に集中的に行うため、赤穂線備前片上(備前市)―播州赤穂(兵庫県)間で10月19~21日と11月25~27日、津山線亀甲(美咲町)―津山(津山市)間で12月14~16日、日中の運行を一部運休する。

 同支社では最終列車の運行後に線路工事を行ってきたが、労働力人口の減少などで夜間の作業員確保が困難になっており、昼間の運休に踏み切る。運休区間はバスによる代行輸送を行う。

 運休するのは両路線とも上下8本。赤穂線は上りの備前片上発が午前8時12分~午後2時39分、下りの播州赤穂発が午前9時5分~午後3時36分。津山線は上りの亀甲発が午前9時29分~午後3時18分、下りの津山発が午前9時47分~午後3時54分。工事では枕木をコンクリート化する。

 赤穂線では5月にも今回と同じ区間で日中に工事を行っている。

交通情報

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP