山陽新聞デジタル|さんデジ

ここは嵐山? 玉野に竹林の道 ひそかに注目 地元男性整備

竹林の道の両側に設けられた垣根。京都・嵐山の「竹林の小径」を思わせる
竹林の道の両側に設けられた垣根。京都・嵐山の「竹林の小径」を思わせる
途中には遊び心で設けた「どこでもドア」も
途中には遊び心で設けた「どこでもドア」も
竹林の先には風鈴を設置。風に揺れ心地よい音が和ませてくれる
竹林の先には風鈴を設置。風に揺れ心地よい音が和ませてくれる
 “インスタ映え”スポットとして全国に知られる京都・嵐山の「竹林の小径(こみち)」を思わせる場所が、玉野市長尾の天王池近くにある。竹林が両側に広がる道沿いに垣根が整備され、木漏れ日が程よく差し込む心地よい異空間。市の広報紙の表紙を飾ったり、会員制交流サイト(SNS)で知った人が訪れたりと、ひそかに注目を集めている。

 天王池の水門管理を担当する高畠真人さん(64)が、農水路沿いを見回っていた際、手入れの行き届いた竹林の存在に気付いた。垣根を設ければ京都の名所そっくりになると思案。所有する市内の男性の許可を得て4年前から手掛け、昨秋完成した。

 垣根は高さ約1メートル。道に生えていた竹を活用し、天王池に向かう上り坂70メートルにわたって続く。先に進むと、風鈴や「どこでもドア」と書かれた扉もあり、竹林の入り口までぐるり回遊できる。また、近くの農水路にコイを放している。

 高畠さんは「驚き喜んでくれると一番うれしい。身近にある竹林でもできることも知ってほしい」と話す。

 駐車場がないので近所迷惑にならないよう注意が必要。

地域話題

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP