山陽新聞デジタル|さんデジ

BMX選手権 岡山で20、21日開催 華麗な技、今年はライブ配信で

迫力ある技が繰り出されるBMXフリースタイルフリースタイル・パーク=2019年9月、岡山市の下石井公園
迫力ある技が繰り出されるBMXフリースタイルフリースタイル・パーク=2019年9月、岡山市の下石井公園
 自転車の第4回全日本BMXフリースタイル選手権が20、21の両日、岡山市中心部2カ所で開かれる。来年に延期された東京五輪代表選手ら国内トップ選手が集結し、華麗な技を披露する。新型コロナウイルスの感染防止対策で例年より席数を大幅に減らし、初めて予選・決勝ともネットで生中継する。主催者は「今年はライブ配信で楽しんで」と呼び掛けている。

 岡山市役所駐車場(同市北区大供)の特設会場では、「BMXフリースタイル・パーク」がある。大きさの異なるジャンプ台を使い、縦や横回転などアクロバティックな動きが魅力だ。東京五輪の新種目にも採用され、近年注目を浴びている。同五輪代表の大池水杜、中村輪夢の両選手のほか、次のパリ五輪代表の座を狙う若手選手が出場し、熱い戦いを繰り広げる。

 一方、平らな地面で行う「BMXフリースタイル・フラットランド」はイオンモール岡山(同下石井)1階の未来スクエアで行う。自転車の前輪や後輪を上げた状態でスピンさせるなど、バランスを取りながら技を見せる。

 全日本フリースタイルBMX連盟は「未来のオリンピアンを目指す10代以下の県出身選手も多く出場するので、今回は画面を通して応援してほしい」と話す。

 20日はパークが午前9時半、フラットランドは同10時半競技開始。21日はパークのみで、同9時半から行われる。市役所での観覧は両日とも定員に達したため締め切った。イオンモール岡山は事前登録不要。配信のアドレスなど詳しくは同連盟のホームページ

さんデジ特集

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP