山陽新聞デジタル|さんデジ

イコットニコット 飲食ブース刷新 メニュー多様化で集客強化

ホルモン専門店などが入り、リニューアルした1階フードコート
ホルモン専門店などが入り、リニューアルした1階フードコート
 JR岡山駅前の複合商業施設イコットニコット(岡山市北区駅前町)は、1階フードコートをリニューアルした。ラーメン店4店が営業していたが、2店がホルモン専門店と和食店に入れ替わった。ラーメン店以外の出店は2018年12月の開業以来初で、メニューの多様化を図って家族連れらの集客強化につなげる。

 2店はいずれも岡山市の事業者が経営。ホルモン専門店は「冩楽~sharaku~」で、黒毛和牛のホルモンを使った焼きうどんや定食などが味わえる。和食店は「子熊食堂」でそばやうどん、天丼などが楽しめる。

 テナントの入れ替えに合わせ、フードコートのレイアウトも変更。座席数を従来より10席少ない38席とし、観葉植物を置いてゆったりとした雰囲気に改めた。営業時間は変わらず午前11時半~午後9時。

 施設を運営するエイムクリエイツ(東京)は「幅広い世代に対応した多彩なグルメで、老若男女に親しまれる空間を目指したい」としている。

地方経済

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP