山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山で公立夜間中題材にシンポ 26日、現状や課題意見交換

 岡山県内にない公立夜間中の開設を求めている一般社団法人・岡山に夜間中学校をつくる会は26日、夜間中を題材に映画製作を手掛ける森康行監督らを招いたシンポジウムを岡山市北区幸町の西川アイプラザで開く。

 森監督と、県外の夜間中で教員経験のある見城慶和さん、関本保孝さんの計3人が登壇し、さまざまな事情で義務教育を修了できなかった人らが学ぶ同中の現状や今後の課題について意見を交わす。森監督が昨年製作したドキュメンタリー映画「こんばんはII」の上映もある。

 午後1時半~4時半。定員130人で申し込み順。資料代千円が必要(高校生以下は無料)。

 国は、教育機会確保法に基づき都道府県や政令指定都市に夜間中を設けるよう促し、現在9都府県に設置されている。

教育

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP