山陽新聞デジタル|さんデジ

クラシック普及へ 社団法人を設立 バイオリニスト福田さん会見

「コロナ禍の影響は大きいが、こんな時だからこそ生演奏の感動を伝えたい」と話す福田さん
「コロナ禍の影響は大きいが、こんな時だからこそ生演奏の感動を伝えたい」と話す福田さん
 気鋭の弦楽奏者12人による室内合奏団「The MOST」を立ち上げ、岡山、東京、石川の3都市で10月に初の全国ツアーを予定するバイオリニスト福田廉之介さん(20)=赤磐市出身=が13日、岡山市北区表町の岡山シンフォニーホールで会見。クラシック音楽の普及事業を行うための一般社団法人設立を発表した。

 法人名は楽団名と同じで、5月に創設。福田さんが理事長に就いた。室内合奏団の公演を活動の中心に据えるほか、一口5千円で個人会員を募り、リハーサルへの招待、舞台裏映像の配信といった特典を提供するという。

 新型コロナウイルスの影響を受け、8月上旬、約5カ月ぶりに観客の前で演奏したという福田さんは「心を癒やすクラシックの魅力、生演奏の力をあらためて感じた。事業を広げていくため多くの方に支援してもらいたい」と意欲を語った。

 また新型コロナの感染予防策として、10月のツアーは座席数を減らして行うため、減収分を補うクラウドファンディング(目標額150万円)への協力も呼び掛けた。

 ツアーの岡山公演は10月9日に同ホールで開催。問い合わせは同ホールチケットセンター(086―234―2010)。

くらし・文化

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP