山陽新聞デジタル|さんデジ

最優秀賞に邑久高3年森本さん 高校生国際化対策推進ポスター

最優秀賞に選ばれた作品を手にする森本さん
最優秀賞に選ばれた作品を手にする森本さん
 多文化共生や外国人の不法滞在・就労防止をテーマに、岡山県警などが募集した「国際化対策推進広報用ポスター」の表彰式が11日、県警本部であり、最優秀賞に選ばれた邑久高3年森本日向子さん(18)らをたたえた。

 県内の高校生を対象に募り、寄せられた50点から最優秀賞と優秀賞3点を選考。森本さんの作品は、地球を背景に肌の色が異なる人たちが紙飛行機を放つ絵柄で、「繋(つな)げ!未来へ」などとメッセージを添えた。

 表彰式では、県国際化対策連絡協議会連合会の清水男会長と、県警の扇澤昭宏本部長が優秀賞の3人を含む計4人に賞状を手渡した。森本さんは「人種や性別による差別が問題になっている。誰もが仲良くできる世界の実現を訴えたい」と話した。

 森本さんの作品はポスターとして県内の警察署や公共施設に掲示。全応募作品は19~24日、中地下タウン天満屋アートスペース(岡山市北区表町)に展示される。

関連記事

主要

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP