山陽新聞デジタル|さんデジ

マスクは「皆が着けているから」 日本人、「感染防止」関係なし

 マスク姿で通勤する大勢の人たち=3月、東京都中央区
 マスク姿で通勤する大勢の人たち=3月、東京都中央区
 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、日本人がマスクを着ける動機は、感染が怖いからでも他の人を守るためでもなく「みんなが着けているから」。同志社大の中谷内一也教授(社会心理学)らのチームが11日までに、インターネットで行ったアンケートから、こんな結果をまとめた。

 チームは感染者の増加が続いた3月下旬、年齢や居住地などの構成が日本の縮図となるよう千人を選び、マスク着用の理由や頻度を尋ねた。

 「感染すると症状が深刻になる」などの理由と着用頻度との結び付きの強さを解析すると、断トツは「人が着けているから」。「他人の感染防止」はほぼ関係なかった。

くらし・話題

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP