山陽新聞デジタル|さんデジ

森元首相、台湾で李登輝氏を弔問 総統が会談し謝意

 台湾総統府で会談する蔡英文総統(右)と森喜朗元首相=9日、台北(中央通信社=共同)
 台湾総統府で会談する蔡英文総統(右)と森喜朗元首相=9日、台北(中央通信社=共同)
 【台北共同】森喜朗元首相は9日、チャーター機で台湾・台北市を訪問し、先月30日に死去した李登輝元総統の追悼場が設置された迎賓館「台北賓館」を訪れ、李氏の遺影に花を手向けて弔意を表明した。これに先立ち森氏は総統府で蔡英文総統と会談し、蔡氏は弔問に謝意を示した。台湾メディアは「弔問に訪れた最初の外国要人」と伝えた。

 蔡氏は「李元総統は台日関係を重視してきた。李元総統と皆さんの努力で台日関係は格段に向上した」と強調し、森氏は「日本の政治家は皆、李先生を尊敬してきた」と述べ、安倍晋三首相からの伝言として、李氏への「感謝」を伝えた。

政治

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP