山陽新聞デジタル|さんデジ

シーガルズとモモちゃんがコラボ ポロシャツ作り拠点の赤磐PR

ポロシャツを着てPRする岡山シーガルズの及川真夢選手(右)と赤磐市職員
ポロシャツを着てPRする岡山シーガルズの及川真夢選手(右)と赤磐市職員
 赤磐市に練習拠点を置くバレーボールV1女子・岡山シーガルズは、同市のマスコットキャラクター「あかいわモモちゃん」とコラボレーション(協業)したポロシャツを作った。山陽マルナカ山陽店(同市下市)にあるチーム公式ショップで販売している。

 速乾性の高い紺色の生地に、裾や袖口にピンク色の素材をアクセントとして使用。右胸にチームのマスコット「ウィンディー」とモモちゃんの顔を描き、背中には「AKAIWA CITY×SEAGULLS」の文字が入っている。S~3Lの5サイズで3500円。

 スポーツへの関心を高めてもらうとともに、チームに親しみを持ってもらおうと企画した。赤磐市では職員がクールビズ期間中(6~10月)に着用しており、地元チームを後押ししている。

 岡山シーガルズは「新型コロナウイルスの影響で試合やイベントが中止となり残念。ポロシャツでファンと団結し、コロナ禍を乗り切りたい」としている。

東備

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP