山陽新聞デジタル|さんデジ

アマビエの巨大張り子お目見え 倉敷・桃太郎のからくり博物館

スタッフが手作りしたアマビエの巨大張り子
スタッフが手作りしたアマビエの巨大張り子
巨大アマビエの張り子の前で記念撮影する子ども
巨大アマビエの張り子の前で記念撮影する子ども
 倉敷市本町の桃太郎のからくり博物館に、疫病退散の御利益があるという妖怪「アマビエ」の巨大張り子がお目見えした。新型コロナウイルスの収束を願いスタッフが手作りしたもので、来館者の目を楽しませている。

 張り子は高さ3メートル、幅1・5メートル。2リットルのペットボトル約20本の骨組みの上に約4カ月分の新聞紙を貼り付け、白いペンキと墨で顔や胴体を描いた。

 同博物館は毎夏、妖怪をテーマにしたお化け屋敷を企画しているが、コロナ禍で今年は中止。「代わりに目玉となるものを」と住宅正人館長(56)ら5人が休館期間や閉館後を利用し、約4カ月かけて制作した。

 6日から中庭に展示。訪れた親子らが大きさに驚きながら記念撮影していた。同市立老松小の児童男子(8)は「すごい迫力だけど、かわいらしさもある。コロナをやっつけてほしい」と笑顔。住宅館長は「一刻も早く日常が戻るようアマビエの力を借りたい」と話した。

 展示は31日までの午前10時~午後5時。問い合わせは同博物館(086―423―2008)。

まいどな岡山

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP