山陽新聞デジタル|さんデジ

美作市長選2日投票 新人と前職が一騎打ち

(左から届け出順に)安東章治氏と萩原誠司氏
(左から届け出順に)安東章治氏と萩原誠司氏
 市長辞職に伴う美作市長選は2日、投開票を迎える。新人で元美作市議の安東章治氏(61)と、3回目の当選を目指す前職の萩原誠司氏(64)の無所属2人が一騎打ちを展開。舌戦最終日の1日も、最後のお願いを続けている。

 教育長人事案を否決された萩原氏が市議会の支持勢力拡大のため、市議補選との同日選を狙って7月25日付で辞職。混迷する市政の立て直しが求められる中、移住・定住対策、新型コロナウイルス対策などが争点となっている。

 安東氏は「市民主役のまちづくりに切り替える」と主張。湯郷温泉街を拠点とした観光戦略、農業の活性化、子育て支援を掲げる。萩原氏は財政状況の改善などの実績を強調。コロナ対策や防災の充実を挙げ「議会改革し、日本一立派な田舎にしよう」と訴える。

 市議補選は現職死去を受け、欠員1に対して無所属新人2人が立候補。萩原氏、安東氏の陣営がそれぞれの候補を支援する。

 任期は萩原氏当選の場合は残任期間の2022年3月29日まで。安東氏が当選すると2日から4年間。新市議も2日から、現市議と同じ来年4月23日まで。

 投票は午前7時~午後6時、市内27カ所で行われ、午後8時から同市中山、みまさかアリーナで開票される。

 有権者数(7月25日現在)は2万3474人(男1万1148人、女1万2326人)。

選挙

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP