山陽新聞デジタル|さんデジ

旬の岡山県産白桃 首都圏でPR 高級専門店でフェア始まる

特設コーナーに並ぶ県産の白桃=東京・新宿
特設コーナーに並ぶ県産の白桃=東京・新宿
 旬の岡山県産白桃を首都圏でPRするフェアが31日、東京・新宿の高級果物専門店「新宿高野本店」で始まった。フルーツ王国を代表する果物が割安で店頭に並び、甘い香りを漂わせている。2日まで。

 地下鉄駅と直結し、入店者数が最も多いという地下2階出入り口近くにコーナーを特設。おかやま夢白桃や清水白桃を1個951円で並べ、県産農産物について事前に研修を受けた専用の販売員が「果汁たっぷりで、滑らかな口当たりです」と売り込んだ。

 同店は通常、県産白桃を1個2千~3千円程度で販売している。売り場に立った女性(45)=東京都杉並区=は「夫の転勤先の岡山で白桃のおいしさを知った。東京で多くの人に広めたい」と話した。

 販路拡大を狙いに県が毎年企画。新型コロナウイルス対策として恒例の試食は中止した。伊勢丹新宿店でも4日まで開催している。

政治行政

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP