山陽新聞デジタル|さんデジ

6年ぶり イネいもち病注意報 岡山県、県内全域に発令

葉に褐色で長細い病斑ができるイネいもち病
葉に褐色で長細い病斑ができるイネいもち病
 岡山県は29日、稲に大きな被害を与える「イネいもち病」が県内全域で流行する可能性があるとして、防除の徹底を呼び掛ける病害虫発生予察注意報を発令した。発令は2014年以来6年ぶり。

 いもち病はカビの一種で、葉に感染すると褐色で長細い病斑が生じて枯れ、穂に広がると十分に実らず収穫量の低下につながる。

 県病害虫防除所が27、28日に県内90カ所の水田で実施した調査で、発生率が63・3%(平年30・2%)と高かった。雨が多く、日照時間が少ないなど、湿度が高くなる条件が重なると感染が拡大する恐れがあるという。

 同防除所は「既に感染が確認されている場合は直ちに農薬を散布し、出穂期前後の薬剤散布も徹底してほしい」としている。

政治行政

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP