山陽新聞デジタル|さんデジ

浴衣姿で教室華やか 総社高 家政科3年生、和装の作法習う

浴衣姿で授業を受ける総社高家政科3年生
浴衣姿で授業を受ける総社高家政科3年生
 総社高(総社市総社)の家政科3年生39人が21日、着物の着付けの実習を受け、浴衣姿で一日を過ごした。日本の伝統文化に触れる授業の一環。

 午前中、着付けや和装の作法などを習い、持参した浴衣を自分で着た。アサガオやナデシコ、キクやチョウなど、色とりどりの柄の浴衣で、教室は華やいだ雰囲気に。昼休みには、写真を撮るなどして楽しんでいた。午後の物理の授業では、担当の男性教諭も浴衣姿で登壇した。

 女子生徒(17)は「浴衣を着ると少し緊張する。見た目は涼しげだが暑い」と笑顔。女子生徒(17)は「着付けは難しかったけど、久しぶりに着られてうれしい」と喜んでいた。

総社市

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP