山陽新聞デジタル|さんデジ

チュッピーうちわで熱中症予防だ 総社市が全園児に贈る

チュッピーのうちわを受け取った服部幼稚園の園児
チュッピーのうちわを受け取った服部幼稚園の園児
 新型コロナウイルス感染症予防でマスクを着ける機会が増え、熱中症のリスクが高まることから、総社市は市内の全園児に、市のPRキャラクター・チュッピーがデザインされたうちわをプレゼントしている。

 うちわには、チュッピーの写真やスイカのイラスト、「水分補給もしてね」などの文字が入っている。

 計画では、市立と私立の幼稚園、保育園、認定こども園計31園に通う約2400人に配る。15日はチュッピーと市職員が服部幼稚園(同市窪木、47人)を訪問。一人一人にうちわと熱中症防止策をまとめたちらしを手渡し、「熱中症に気を付けてね」と呼び掛けた。

 園児(6)は「暑いとき、かわいいうちわを使います」と喜んでいた。

総社市

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP