山陽新聞デジタル|さんデジ

小田川が氾濫危険水位に到達 真備町域に避難準備情報

避難準備情報が出され、倉敷市真備町岡田の岡田小学校に避難する住民ら=14日午前9時21分
避難準備情報が出され、倉敷市真備町岡田の岡田小学校に避難する住民ら=14日午前9時21分
避難所が開設された岡田小学校=14日午前9時38分
避難所が開設された岡田小学校=14日午前9時38分
 岡山河川事務所と岡山地方気象台は14日午前8時10分、小田川の矢掛水位観測所(矢掛町)で、避難勧告等の発令の目安となる「氾濫(はんらん)危険水位」に午前8時ごろ到達した、と発表した。

 倉敷市では、小田川の堤防決壊等による氾濫により浸水するおそれがあり、市町村からの避難情報を確認するとともに、安全確保を図るよう呼び掛けている。真備町域には午前8時、避難準備情報が出ている。

気象・災害

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP