山陽新聞デジタル|さんデジ

コロナ感染者来館で臨時休館 ふくやま美術館

 新型コロナウイルスの感染が確認された鳥取市の30代男性がふくやま美術館(福山市西町)に立ち寄っていたことが分かり、市は4日午後から同館を臨時休館にした。

 館内での濃厚接触者は確認されていないが、念のため職員十数人のPCR検査を進めており、全員の陰性が確認されるまで休館する。早い人は6日夕には判明する見通しで、11日からの「平山郁夫が描く 世界遺産展」は今のところ予定通り開催する見込み。

 男性は6月30日に症状が表れ、その3日前の27日午後4時ごろに同館を知人と訪問していた。同じ時間帯に美術館にいた人は100人程度とみられ、市は「体調不良を感じる場合は各自治体の新型コロナ相談窓口へ連絡を」と呼び掛けている。

地域話題

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP