山陽新聞デジタル|さんデジ

前向きになれる「マスク」考えて 岡山の企業がデザインコンテスト

あごの部分を浮かせて蒸れた空気を排出できるようにしたマスク
あごの部分を浮かせて蒸れた空気を排出できるようにしたマスク
 ITベンチャー「ARTEE(アーティー)」(岡山市北区下伊福)は、医療用品メーカーのダイヤ工業(同市南区古新田)が開発した夏でも蒸れにくい「ムレンマスク」のデザインコンテストを開催している。

 ムレンマスクは無地の白、黒色など4タイプを販売中。新型コロナウイルスの感染予防でマスク着用が定着する中、マスクの表面に明るく前向きなれるデザインを描いた3作品を選び、商品化する。

 デザインはアーティーのサイトから投稿する。人気投票で上位20作品に絞り、ダイヤ工業が最終決定する。

 アーティーはオンライン上でコンテストを開き、投票順位の高い作品を商品化する事業を展開。今回はダイヤ工業から依頼を受けて企画した。デザイン募集は7月8日まで。問い合わせはメール(info@artee-jp.com)。

※アーティーのサイト https://artee-jp.com/contest/

岡山

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP