山陽新聞デジタル|さんデジ

松岡良明賞に岡山大病院の木浦氏 呼吸器内科専門医、9月に贈呈式

木浦勝行氏
木浦勝行氏
 山陽新聞社会事業団(松田正己理事長)は、がん撲滅に功績のあった個人・団体をたたえる「松岡良明賞」の本年度受賞者を、岡山大病院(岡山市北区鹿田町)呼吸器・アレルギー内科教授の木浦勝行氏(62)に決めた。9月10日、山陽新聞社(同柳町)で贈呈式があり、表彰状と賞金100万円が贈られる。

 木浦氏は呼吸器内科の専門医。難治性がんの一つである進行肺がんの治療や治療法の研究に30年以上にわたって携わり、後進の育成にも力を注いでいる。

 とりわけ切除不能と診断された局所進行肺がんの治療法として、2種類の抗がん剤の投与と放射線照射を組み込んだ「シスプラチン・ドセタキセル療法同時併用放射線療法」を開発し、日本肺癌(がん)学会のガイドラインで標準治療となった。

 また、岡山大病院を中心に関連病院スタッフらで構成する共同研究グループ「OLCSG(岡山肺癌治療研究会)」を代表世話人としてけん引。同学会の理事も務めており、今秋には岡山市で学術集会を開く。

 松岡良明賞は山陽新聞社の元社長、故松岡良明氏の遺族から寄託された基金をもとに創設。その後、同社最高顧問の佐々木勝美氏、さらに同相談役の越宗孝昌氏が各1千万円を寄託し、増額された。今回で25回目。

医療

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP