山陽新聞デジタル|さんデジ

城東地区の宿泊施設、17日開業 津山、旧苅田家付属町家群を改修

改修工事を終え、宿泊施設となる旧苅田家付属町家群
改修工事を終え、宿泊施設となる旧苅田家付属町家群
 江戸時代の町並みが残る津山市城東地区の「旧苅田家付属町家群」を活用し、市が整備していた宿泊施設「城下小宿糀(しろしたこやどこうじ)や」(同市林田町)が完成した。17日にオープンする。

 施設は木造2階の4棟(延べ約520平方メートル)からなり、3棟は客室、1棟は宿泊客用のラウンジ。市が1億9338万円をかけ、2018年12月から元の外観や梁(はり)、柱などを生かしながら改修し耐震補強をした。民間企業に運営を委ねる「コンセッション方式」を採用し、ホテル「ザ・シロヤマテラス津山別邸」(同市山下)を手掛ける「HNA津山」(同所)が経営に当たる。

 町家群は、国重要文化財・旧苅田家住宅の西隣にある4棟の総称。国の重要伝統的建造物群保存地区内にあり、いずれも江戸末期に建てられた。

 地元住民らを対象に6月30日に行われた見学会には約170人が訪れた。近くの実家に里帰り中の会社員鈴木久美子さん(39)=東京在住=は「子どもの時に見ていた建物がきれいになって驚いた。夫の両親を招いて帰省する時に使ってみたい」と話した。

 市歴史まちづくり推進室は「城東地区の歴史と文化を発信する新たなスポットとして長く愛される存在になってほしい」としている。

作州

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP