山陽新聞デジタル|さんデジ

サンフレッチェ新本拠地 建設始動 広島市、24年の開業目指す

サッカースタジアム建設が計画されている中央公園広場=広島市中区
サッカースタジアム建設が計画されている中央公園広場=広島市中区
サンフレッチェ新本拠地 建設始動 広島市、24年の開業目指す
 サッカーJ1・サンフレッチェ広島の新たな本拠地となる広島市のサッカースタジアム建設が動き始めた。事業主体の市と、広島県、広島商工会議所が今春に基本計画を策定、本年度から設計・施工の準備を進めていく。中心市街地に立地する「街なかスタジアム」の魅力を高めるため、民間のアイデアも積極的に採り入れ、2024年の開業を目指す。

 「年間を通じて多くの人が訪れるにぎわい拠点」。基本計画はスタジアムの目指す姿をこう掲げる。

 計画では、同市中区の中央公園広場(8・6ヘクタール)を東西に分け、西側に3万人を収容できるスタジアム、東側に子育てや健康をテーマにした広場を一体的に整備する。

 スタジアムは、サッカー以外のスポーツやコンサートなど多目的利用への対応を重視。広場は幅広い年代が交流できる空間づくりがテーマで、温浴施設やランニングコース、カフェなどの整備が想定される。

 「スタジアムで行われるJリーグの試合は年間二十数試合。試合がない日もにぎわいや収益を生み出す工夫が欠かせない」と市スタジアム建設部の担当者が言う。概算事業費は230億~270億円。国の交付金をはじめ、市や県の負担や地元経済界の寄付、市民の募金などで賄う。

 スタジアムは設計と施工をまとめて発注する「デザイン・ビルド方式」を採用。広場は、都市公園内で施設の整備と運営を民間事業者に任せる「パークPFI」と呼ばれる手法を検討している。「いずれも事業者の裁量が大きく、コスト削減効果に加え、施設のデザインや多機能化のプランなど柔軟なアイデアが期待できる」と同部。本年度中に設計や施工内容の提案を受け、事業者を選定する。

 都心への3万人規模のスタジアム整備は、アクセスルートの確保が大きな課題となる。約8割がスタジアム南側の路面電車の電停や新交通システム「アストラムライン」の駅、バスセンターから徒歩で来場すると想定しており、接続道路の拡幅やペデストリアンデッキ(歩行者専用橋)の整備で混雑の回避を図る。

 スタジアムは、商業施設やオフィスが集積する紙屋町・八丁堀地区や原爆ドームがある平和記念公園に近接する。同部は「スタジアムは中心市街地活性化に大きな役割を期待されている。市内の商業施設や観光拠点と連携し、利用者の回遊性を高める施策も検討していきたい」としている。

各種スポーツ

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP