山陽新聞デジタル|さんデジ

海水浴場周辺の治安対策を 今夏閉鎖の4市が県に要望書

横田副知事に要望書を渡す黒田市長(左)
横田副知事に要望書を渡す黒田市長(左)
 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、所管する海水浴場の今夏の開設中止を決めた倉敷、玉野、備前、瀬戸内の4市は19日、海水浴場周辺に遊泳者の来訪が懸念されるとして、海岸を管理する岡山県に治安対策や事故防止などへの協力を求める要望書を提出した。

 要望は、来訪者と水上バイクの交錯を防止するブイの設置▽花火や路上駐車など周辺の迷惑行為に対する警戒▽周辺のパトロール強化などによる治安維持対策の徹底を県警に要望―の3項目。

 代表して玉野市の黒田晋市長が県庁を訪れ、「他県ではまだ感染者の確認が続いている地域もあり、地元住民の安全安心のためお願いしたい」と横田有次副知事に要望書を手渡した。横田副知事は「しっかりと検討し、市と連携できるところがあれば協力したい」と話した。

玉野

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP