山陽新聞デジタル|さんデジ

「恥ずかしい」「裏切られた」 河井夫妻逮捕に地元から厳しい声

昨夏の参院選で演説する河井案里容疑者(左から2人目)=2019年7月16日、JR福山駅前
昨夏の参院選で演説する河井案里容疑者(左から2人目)=2019年7月16日、JR福山駅前
 「恥ずかしい」「裏切られた」。公選法違反(買収)の疑いで河井克行前法相(57)と妻の案里参院議員(46)が逮捕された18日、地元の広島県をはじめ、岡山県内の有権者からも失望や徹底した責任追及を求める厳しい声が相次いだ。

 JR福山駅前の商店街を歩いていた福山市、パート女性(67)は「案里さんは有権者を裏切った」と強く批判。同市、自営業男性(55)は「案里さんはさわやかなイメージだったので、非常に残念。前回参院選で自民支持層を(落選した溝手顕正氏と)2分したしこりが残っただけだ」。

 2人が所属していた自民党本部の責任にも触れたのは同市、男性(61)。参院選公示前に党本部から陣営に支払われた1億5千万円について「誰が何の目的で送ったのか、しっかり追及してほしい」と注文する。

 夫妻の地元・広島市安佐南区でも失望の声が多く聞かれた。「恥ずかしい。案里さんは同世代で応援していたのに」と女性会社員(45)。無職男性(65)は「河井夫妻もだが、現金を受け取った議員らもきちんと説明するべきだ」と不満を口にした。

 岡山県内では、津山市内のカフェで仕事をしていた同市、女性(72)が「法を犯したのなら議員辞職すべきだ。国会議員、ましてや前法相という立場なら、なおさら許せない」。岡山大大学院生の男性(22)は「若者の選挙や政治に対する関心がますます低くなるのでは」と懸念した。

 地元広島「時代錯誤甚だしい」

 広島を舞台にした買収疑惑に、地元自治体や政界からは憤りの声が相次いだ。

 「県選出の国会議員が逮捕されたことは大変残念」と話すのは自民党県連副会長の中本隆志・県議会議長。「県政をこれだけ混乱させたのは前代未聞」と2人に議員辞職を求めた。地元県議らも金銭授受の捜査を受けており、今後、県議会として独自調査も視野に入れているとした。

 湯崎英彦知事は、全国的にも衝撃が大きく「非常に深刻な事態」と受け止める。今後の県政に影響が広がることを危惧した。また、案里容疑者が週刊誌で今回の事件について言及していることを挙げ「県民に向けた説明はなかった。言語道断」と強く非難した。

 怒りの声は福山市からも。市議会議長経験がある自民系会派の70代の重鎮は「金をばらまくこと自体が時代錯誤も甚だしい」と指摘。幾度となく繰り返される「政治とカネ」の問題に別の自民系会派の60代代表も「公正公平な選挙を強く望む」と注文し「これだけの事態になり、有権者に状況説明を尽くすべきだ」と迫る。

 この選挙で案里容疑者とともに当選した森本真治氏を支援した連合系市議は、激戦の相手に司法の手が及んだことに戸惑いの表情。「案里氏に期待して票を投じた人がいるのだから、その方たちのためにも本人の口から事実関係を明らかにするべきだ」と話した。

 また、同市の枝広直幹市長は選挙時、案里容疑者に議席を奪われる形となった自民党の溝手顕正氏と森本氏の支援を公言していた。報道陣の取材に「私たちの見えないところに潜んでいる真実を白日の下にさらすことを望む。検察は県民が本当に知りたい金銭の授受の有無などを司法の場で明らかにしてほしい」と述べた。

選挙

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP