山陽新聞デジタル|さんデジ

勝央町 全町民に商品券1.2万円 臨時議会提案へ

 勝央町は25日、新型コロナウイルス感染拡大による独自の経済対策として、町内店舗で使用できる1万2千円分の商品券を全町民約1万1200人に配る方針を決めた。2020年度一般会計補正予算案に関連経費1億3927万円を盛り込み、29日開会の臨時町議会に提案する。

 町によると、飲食店のみで使える2千円分と、業種を問わず飲食を含むさまざまな事業所で使用できる1万円分の2種類を発行する。

 予算案が認められれば、6月中旬から引換券を各世帯に郵送。7月上旬から町役場のほか、日曜日には地区のコミュニティーセンターに特設会場を設けて引き換える。

【新型コロナウイルス 生活・経済支援まとめ】


新型コロナ・岡山対応

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP