山陽新聞デジタル

メニュー
さんデジTOPへ

movie

main_sub

img_teshi

name

h_profile
1960年岡山県倉敷市生まれ。1983年金沢美術工芸大学卒業、同年 (株)電通入社、東京本社クリエーティブ局勤務。「日本新党禁句集」でACC最優秀ラジオシリーズCM賞受賞ほか、朝日広告賞、雑誌広告電通賞、TCC新人賞などを受賞。電通西日本高松支社、岡山支社を経て、2010年に脱藩。企業ブランディング、広告・キャンペーン・店舗企画などの傍ら、2012年より岡山の自主映画製作NPOシネマファクトリーに所属し、映画・映像製作活動中。ゴミ拾い研究家。
  • 徳島製粉「金ちゃんきつねうどん」

    徳島製粉「金ちゃんきつねうどん」

    TVCM
    【企画+コマソン】
  • サイエンスホーム

    サイエンスホーム

    企業 TVCM
    【企画+コピー】
  • アイエスピーコーポレーション

    アイエスピーコーポレーション
    「イタルグリーンターフ」

    TVCM
    【企画+コマソン】
  • ヤマト運輸

    ヤマト運輸「岡山駅ねこのて ステーション」

    店舗企画
    【ネーミング+クリエーティブディレクション】
  • シネマファクトリー「ふうがわりい前編」

    シネマファクトリー「ふうがわりい前編」

    自主製作映画
    【共同企画+プロデュース】
h_inter

岡山を語る討論会をなぜ卓球場で? 「これまで、岡山をテーマにしたテレビ討論会を見ていると、建前や理屈が多いなと思った。本当はもっと言いたいことがあるんじゃないか? そこで、エンターテインメントの枠組みで話し合ったら本音が発信できるのではと企画した」と高橋さん。広告制作やボランティア活動などを通じて日ごろ付き合いのある事業家やパフォーマーら、岡山で活躍している論客7人をそろえた。岡山県人の愛郷心やアイデンティティーの希薄さをアイロニーたっぷりに披露する。「ちょっとした発言で展開ががらりと変わる討論会スタイルならではの動画を楽しんでほしい」

社会や公共の問題に深くかかわる「社会派」クリエーターだ。電通本社で公共広告をメーンに取り組み、政党ラジオCMでACC最優秀シリーズCM賞を受賞。岡山にUターンしてからは広告制作のかたわら、映画づくりにも参加し、岡山のまちづくりをテーマに昨年封切りした自主映画「ふうがわりい 前編」の制作にかかわった。「映画や動画を通じて社会問題を解決したい。理屈や倫理感ではなく、エモーショナルなものに触れて人は変われる」と、「社会のチェンジメーカー」を目指す。4人の男児を育てるイクメンクリエーターでもある。

t_sanyou

btn_sanyou