山陽新聞デジタル

メニュー
さんデジTOPへ

地元の広告制作者のグループ「岡山広告温泉」の
メンバーが、「ニュースをつくろう。」をテーマに
五つの動画を制作。さて今回は?

head

movie

main_sub

img_teshi

name

h_profile
1975年生まれ。東京の制作プロダクション勤務後、2006年に電通西日本に入社。岡山在住となる。「心を動かすクリエーティブ」をキーワードに、生活者・クライアント・制作者の<三方良し>となる広告制作を目指している。これまでの主な仕事に、クロスカンパニー「SEVENDAYS=SUNDAY」、明石被服興業「富士ヨット学生服」、岡山情報ビジネス学院、ネッツトヨタ岡山「グッドドライバー宣言」、リサイクルショップベクトル「買取戦隊ベクトル」他。

  • ベクトル「買取戦隊ベクトル」

    TVCM/WEBムービー
    【企画+コピー】

  • 岡山情報ビジネス学院
    「しろくま先生」

    TVCM 【企画+コピー】

  • ベクトル「買取戦隊ベクトル」

    TVCM/WEBムービー
    【企画+コピー】
h_inter

携帯電話会社や清涼飲料水など今、テレビCMでひっぱりだこの桃太郎をあえて題材に選んだ。「新聞をよく読む親世代から、スマホを活用する子世代へ贈る『教育資金』として、さんデジを表現できたらと考えた末、桃太郎とおじいさん・おばあさんという設定が浮上した」という。広告業界を目指した就活時代、母親が自分のかわりに新聞の関連記事を切り抜いていたエピソードも重ね合わせた。撮影は小雪がちらつく中世夢が原(井原市美星町)で実施。「本家岡山の桃太郎CMを見てほしい」

東京で生まれ育った。岡山に移ったのは、「企業のトップと直接話ができるローカルの仕事に魅せられたから」。暮らしやすい気候風土は気に入ったものの、制作者同士の接点がないことに気づき、クリエーター集団「岡山広告温泉」の結成に尽力した。現在は、竹製家具など岡山のユニーク商品の知名度を上げるプロジェクトにもかかわる。「岡山を盛り上げていく表現活動を手掛けていきたい」

t_sanyou

btn_sanyou