山陽新聞デジタル|さんデジ

写真ニュース

地震地図、色覚障害に配慮 危険度見やすく9色で

2019年08月21日 08時54分 更新

地震地図、色覚障害に配慮 危険度見やすく9色で

 現在の政府の地震動予測地図(左上)が色覚障害者にどう見えるかのイメージ(右上)。新しい配色で示したもの(下段左)では危険度が見分けやすくなる。文科省による図を基に浅田一憲氏が開発した「色のシミュレータ」で作製した

⇒この写真の記事へ

  •  現在の政府の地震動予測地図(左上)が色覚障害者にどう見えるかのイメージ(右上)。新しい配色で示したもの(下段左)では危険度が見分けやすくなる。文科省による図を基に浅田一憲氏が開発した「色のシミュレータ」で作製した

あなたにおすすめ

ページトップへ