山陽新聞デジタル|さんデジ

写真ニュース

とんび(2022年4月8日公開)

2022年03月16日 15時00分 更新

とんび(2022年4月8日公開)

備前市穂浪出身の小説家・正宗白鳥の生家跡が近くにある

⇒この写真の記事へ

  • (C)2022『とんび』製作委員会

  • 遠くには瀬戸内海の見えるロケーション

  • ドラム缶を横倒しにしてできた橋。近年は観光地として注目を浴びている

  • 「備後みゆき通り商店街」として登場するメインの舞台

  • 夜中の撮影にもかかわらず大勢の見物客が駆け付けたそう

  • 備前市穂浪出身の小説家・正宗白鳥の生家跡が近くにある

  • ヤスの勤め先「瀬戸内通運・備後支店」。冬場で海風が吹く中、夏設定の撮影が行われた=瀬戸内市、旧錦海倉庫(敷地内は錦海ソルトの私有地で敷地内の進入禁止)

あなたにおすすめ

ページトップへ