山陽新聞デジタル|さんデジ

水落卓司 先生

おばの遺産について、おいやめいには遺留分はない?

Q:私の叔母が亡くなりました。叔母は兄弟姉妹の一番下の妹です。叔母は独身で、子供もいません。叔母は、叔母の亡兄(一番上の兄)の息子に全ての財産を相続させるとの遺言書を残していました。私は叔母の亡兄(二番目の兄)の息子です。私に遺留分はあるのでしょうか。

A:相続に関し遺言書がある場合、おいやめいには遺留分なし

 あなたに遺留分はありません。遺留分を有するのは兄弟姉妹を除く相続人、すなわち直系卑属(子、その代襲相続人、再代襲相続人)、直系尊属(親、祖父母)及び配偶者です。胎児も生きて生まれれば、子としての遺留分を持ちます。

 亡くなった方(被相続人)の兄弟姉妹が、被相続人より先に亡くなっていた場合、その子が相続します。これを代襲相続といいます。

 しかし、ご相談の内容のように、特定の相続人に遺産を相続させる内容の遺言書がある場合、兄弟姉妹が遺留分を有しないのと同様、その子(おい、めい)も遺留分を有しませんので、その相続人に対して遺留分を主張(具体的には遺留分減殺請求権の行使)することはできません。

 なお平成30年7月6日、民法の相続法を改正する法律(改正相続法)が成立し、同月13日公布されました。改正相続法は、原則として令和7月1日に施行されます。

 遺留分に関しては、遺留分権利者の範囲について変更はありませんが、遺留分減殺請求権を行使した場合の効果について改正されましたので注意が必要です。

(2019年04月26日 15時20分 更新)

先生紹介

  • 水落卓司 先生

    岡山ふくろう法律事務所

    岡山市北区富田町2-8-2

    TEL.086-226-3157 http://www.of-law.jp/

    一橋大学法学部卒業。2004年10月検事任官、2010年3月検事退官。同年5月弁護士登録(岡山弁護士会)。

    「ご相談者のお話をじっくりと伺うことを心掛けております」

【水落卓司 先生】の最新記事

  • 建物明渡請求について
    建物明渡請求について
     長らく家賃を滞納している借主に頭を痛めている大家さんも多いかと思います。今回は、建物明渡請求について解説します。なお、民法や借地借家法では大家さん(貸主)は賃貸人、借主は賃借人、建物の家賃を賃...⇒続きを見る
  • 民事執行法の改正について
    民事執行法の改正について
     令和元年5月10日に改正民事執行法が成立し、同月17日に公布されました。  せっかく養育費について公正証書を取り交わしたり、調停が成立したり、審判を得たりしても、あるいは損害賠償を求めて...⇒続きを見る
  • 交通事故を起こしたときの対応
    交通事故を起こしたときの対応
     交通事故を起こしたのではないかと思ったとき、どうすればよいでしょうか。 運転をやめて安全な場所に停車 けが人の救護や警察に報告を  交通事故を起こしたら、直ちに運転を停止して...⇒続きを見る
  • 高齢者の介護事故
    高齢者の介護事故
     2017年10月1日現在、総人口に占める65歳以上の割合(高齢化率)が27.7%となり、今後もこの高齢化は一層進むと思われます。それに伴い、高齢者の介護事故も増加していくことが予想されます。 ...⇒続きを見る
  • 医療事故について
    医療事故について
     ご自身あるいはご家族などが、不幸にして医療事故に遭ったのではないかと思われた場合、どうしたらよいでしょうか。医師や病院の説明がなかったり、説明があっても納得できない場合、どうしたらよいでしょう...⇒続きを見る
ページトップへ