山陽新聞デジタル|さんデジ

ホタル マップ

ホタル 観光スポット

  • 【ホタル特集】備中川(真庭市)
    【ホタル特集】備中川(真庭市)
    「ホタルの里」として知られる真庭市北房地区の備中川で、5月下旬からホタルが飛び交い、川面で繰り広げられる光のショーが楽しめる。駐車場は真庭市北房振興局が利用可能。新型コロナウイルス感染拡大を受け...
    ⇒続きを見る
  • 【ホタル特集】大谷川(美作市)
    【ホタル特集】大谷川(美作市)
    湯郷温泉街の西を流れる大谷川で、5月下旬から約2週間、ホタルを観賞できる。おすすめは泉橋から新大谷橋までの一帯。川沿いの遊歩道を散策してみよう。毎年恒例の「湯郷ホタル祭り」は新型コロナウイルスの...
    ⇒続きを見る
  • 【ホタル特集】河会川上流(美作市)
    【ホタル特集】河会川上流(美作市)
    5月下旬から6月中旬にかけて、県道90号・赤穂佐伯線の十丁トンネル東、川沿いに整備された遊歩道からホタルの舞いが楽しめる。 時期:5月下旬から6月中旬 種類:ゲンジボタル、ヘイケボタル
    ⇒続きを見る
  • 【ホタル特集】郷川(鏡野町)
    【ホタル特集】郷川(鏡野町)
    鏡野町薪森原を流れる吉井川支流の郷川一帯は「郷の源氏ボタル発生地」として1959(昭和34)年、岡山県の天然記念物に指定。水質の悪化で一時絶滅の危機にあったが、地元の人々による河川の清掃など、ホ...
    ⇒続きを見る
  • 【ホタル特集】宮部川(津山市)
    【ホタル特集】宮部川(津山市)
    久米川の支流・宮部川の上流で、5月下旬から6月中旬にかけて、ゲンジボタルの幻想的な舞いを観賞できる。新型コロナウイルス感染拡大を受け、恒例の「宮部上ほたる祭り」は中止。 時期:5月下旬から...
    ⇒続きを見る
  • 【ホタル特集】天王八幡神社一帯(新見市)
    【ホタル特集】天王八幡神社一帯(新見市)
    金ボタル集団発生地として、天王八幡神社境内とその周辺が岡山県天然記念物に指定されている。金ボタルは和名ヒメボタル。陸生ホタルでゲンジボタルより小さく、メスは羽が退化して飛べない。観賞時期は例年7...
    ⇒続きを見る
  • 【ホタル特集】福地川(高梁市)
    【ホタル特集】福地川(高梁市)
    高梁市の福地地区を流れる福地川一帯で、6月始めごろにホタルの乱舞が楽しめる。福地小学校周辺の2~3キロにわたってゲンジボタルが生息。午後8時ごろになると無数のホタルが黄緑色の淡い光を放ちながら川...
    ⇒続きを見る
  • 【ホタル特集】蛍遊の水辺・由加(倉敷市)
    【ホタル特集】蛍遊の水辺・由加(倉敷市)
    ホタル復活を目的に整備された石積護岸の水路。ゲンジボタルやヘイケボタルのほか、県南では珍しいヒメボタルも生息する。見ごろは5月下旬から6月中旬。ゲンジやヘイケは日没から午後9時ごろにかけて現れる...
    ⇒続きを見る
  • 【ホタル特集】西大寺一宮公園(岡山市)
    「ホタルの里」として水路整備などの保護活動がすすむ西大寺一宮公園では、5月末ごろから周辺の用水などでホタルが舞い始める。6月6日(土)に開催予定だった恒例の「山南ホタル祭り」は、新型コロナウイル...
    ⇒続きを見る
  • 【ホタル特集】大山川(美咲町)
    美咲町江与味を流れる大山川で、例年6月上旬から中旬にかけてゲンジボタルが見られる。観賞ポイントは同地区のほたる会館から下流へ向けての一帯。天然のホタルが乱舞する幻想的な光景が楽しめる。6月14日...
    ⇒続きを見る
  • 【ホタル特集】笛吹川歌碑公園(久米南町)
    誕生寺に隣接した笛吹川歌碑公園で、例年6月上旬から6月中旬にかけてホタルが見られる。住民グループが中心になって毎年開いている「ほたるまつり」は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、中止する。 ...
    ⇒続きを見る
  • 【ホタル特集】領家川(高梁市)
    「全国川上水と緑のふるさとプラザ」周辺の領家川一帯でホタル観賞が楽しめる。毎年恒例の「漫画の郷大神楽&川合ほたる祭」は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止する。 時期:6月中旬 ...
    ⇒続きを見る
ページトップへ